トップメッセージ

TOP MESSAGE

トップメッセージ

TOP MESSAGE

トップメッセージ

社長2名
  • 困っている人を助け、社会に貢献する。
    そこには数えきれないほどのドラマがある。

    私は、新しい仲間は「家族の一員」という気持ちで受け入れています。心をひとつにし、同じ想いを持って仕事に向き合っていきたい。それが会社を強くすること、ブランド力を高めることにつながると考えています。人生においては、誰もが現状から逃げ出したくなることもあります。

    しかし、たとえ厳しい状況にあろうと、私は皆さんの成長のためにいつでも本物の家族のつもりで応援します。

    若い人には無限の可能性があります。

    だからこそ「これだけしかできない」と小さな枠にとじこまらずに、思いついたことはどんどん提案してもらいたい。
    私もかつては新規事業への挑戦、飲食店の店長など、多種多様な仕事を経験することで成長できました。皆さんの声を真摯に受け止めますし、私の経験談はたくさん伝えたいと思っています。

    私が長年の接客業の経験を通じて感じているのは、お客様とのふれあいは人生の財産になるということ。そこには数々のドラマがあり、喜びや感動があふれています。
    特にタクシーには、急いでいる、体調がすぐれない、荷物が多くて運べないなど、困りごとを抱えているお客様が多数乗車されます。

    タクシードライバーとは、そんな人たちを助けることで、ひいては地域に、社会に貢献できる仕事。皆さんもぜひ一人でも多くのお客様を助け、新しいオリジナルのドラマを作り上げてください。

    【趣味】
    ゴルフ
    (歴7年。週末は部下と一緒にコースを回っています。最高スコアは88!)

    相模中央交通株式会社
    代表取締役社長

    福田 範昭

  • 仕事の価値は、自分で創造できる。
    「お役に立ちたい」の気持ちが、すべての原点。

    私たちが、働くうえで大切にしていることは二つあります。

    ひとつは、「人が好き」という気持ちを持っていることです。
    私たちの仕事の基本は接客。
    お客様のことを常に気にかけ、心配りをすることは、あらゆるサービスの基本です。

    もうひとつは、「遊び心」を持っていてほしいということ。 私たちは日々さまざまなお客様をお乗せします。 年代も、立場も、仕事も、価値観も異なるお客様と上手にコミュニケーションをとるためには、遊び心を持って多様な経験を積み視野を広げることで、自分自身の人間力を高めることが大事です。

    私たちがめざしているのは、いわば交通のコンシェルジュ的な存在。
    「お客様のお役に立ちたい」その想いを、お客様にしっかりと届けられるサービスを創り上げていきたいと考えています。

    タクシードライバーは組織の一員でありながら、乗務中は一人ひとりが主体性、オーナーシップを持って活躍できる仕事です。 個々のドライバーの考え方、気配りひとつで、お客様の満足度は変わります。

    簡単にいえば、仕事を創るのは自分自身なのです。 お客様を降ろすときに代金を頂戴し、さらに「ありがとう、またあなたに乗せてもらいたい」と言っていただくこと。 これに勝る喜びはありません。

    【趣味】
    家庭菜園
    (実家の敷地の一角で、じゃがいも、大根、ニンジン、枝豆、落花生などを自ら育てています)

    神奈中ハイヤー株式会社
    代表取締役社長

    秋元 隆宏